同棲してみてわかること

同棲してみてわかること

2016年10月某日東京
ついに同棲がスタートした。予想できたことではあるが今まではデートでは、お互い良い面だけをだしていたのでこれからは隠していたわけではないが素の部分、ずれている部分がどうしても見えてしまう。
分かりやすいのは食文化だった。中華料理店などもデートで訪れることもあったので自分では本場中華を分かったつもりでいたが認識が甘かった。一番驚いたのは食事をしながら生のニンニクをかじっていることで部屋中ニンニク臭が充満して私は苦笑いだ。彼女の方も私の食事で驚いており、中でも納豆に生卵を入れて食べているのを見て

「掘口さん、ちょっと離れて食べてくれ、その食べ方はあり得ない!!」

お互い食生活では苦労しそうだなと思った。
また、国際交際とは関係ないが、起きる時間寝る時間、部屋着、洗濯をするサイクルなどなど、一人暮らしが長かったこともあり、小さなストレスが色々発生し「この同棲大丈夫か」と少し思うようになった。

そんなあるとき、私が納豆を食べていると、

「わたしもちょっと食べてみます!」

彼女が一歩歩み寄ってきてくれた。

「結構悪くないかも!」

そんな彼女を見て少し安心する。少しのずれはあってしかるべきで無理のない範囲でお互いが歩み寄ればよかったのだ。私も彼女の文化に飛び込んでみようと思った。生ニンニク以外で。

最後までお読みいただきありがとうございます。
各ランキングに参加中です。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(台湾・香港・中国人)へ