同棲スタート

同棲スタート

2016年9月某日東京
もろもろの引っ越し準備が完了して、いよいよ引っ越し当日となった。彼女の方の引っ越しも私の引っ越し日と合わせて行うことになっていたので、引っ越し先で会うことにしてそれぞれ別々に作業することになった。私の方の作業は荷物が少なかったこともあり、あっという間に業者さんが来て荷物をトラックに詰め込むと、引っ越し先が同じ区内の近場ということもあって、作業開始から荷物の移動まで1時間かからずに終わってしまった。彼女はというと、まだ引っ越し先に来ていないようだったので私の荷物の整理を先に進めてしまうことにした。

整理開始から1時間ほどたった時。不意に外側が騒がしくなり、覗いてみると彼女が到着していた。彼女と男女のカップルと思われるペアの3人が軽トラックと軽乗用車の2台がかりで襲来してきた。

「掘口さん、早いですね!私の荷物も中に入れますよ!」

彼女の引っ越し前の家にいたときは感じなかったのだが、荷物の量が思っていたものより多くてびっくりしていると、

「引っ越し祝いで友達からテーブルとか棚とかもらいました!」

とのこと。日本にいる中国人の中で物を貰ったりあげたりするのは当たり前のことらしい。ただ不用品を押し付けられただけのような気がしないでもないが、彼女が嬉しそうに話すので水を差さないことにした。私も含め4人がかりで作業すると思いのほか早く終わり、ほかの中国メンバは嵐のように去っていった。

「これからよろしくお願いします!」

同棲の話が出てからあっという間に決まったこともあり実感があまりなかったが、二人っきりになると本当にこれから一緒に暮らしていくんだなと心の中で期待と不安が入り混じっていた。

最後までお読みいただきありがとうございます。
各ランキングに参加中です。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(台湾・香港・中国人)へ